新宿のクリニックでED治療を行ったところ夫婦仲を改善できました

何よりも夫婦仲が改善できたので、早めにED治療を始めて良かった

妻と性行為をしようと思っても中折れをしてしまうことが増えた | 何故か妻と性行為をしようとしても十分に勃起しない | 何よりも夫婦仲が改善できたので、早めにED治療を始めて良かった

確かに、症状が出始めた頃は大きなプロジェクトのリーダーに抜擢され、メンバーには経験年数が浅い社員もいたことから気苦労が絶えなかったのです。
忙しくなったせいでコンビニ弁当で食事を済ませることも増えており、そういった様々な要素がトリガーとなってEDが起こったのではないかと理解できました。
ED治療の一環として治療薬を処方してもらうことになり、生活習慣を改善するとともに性行為の際には治療薬を用いることになりました。
妻が話を聞いてくれるかどうか心配ではありましたが、メッセージアプリで病院に行ったらEDであることが分かった、治療を始めたと伝えたら浮気を疑ったことの謝罪があったのです。
心配をかけてしまったのでこちらからも謝り、それからは以前のように単身赴任先に来てくれるようになりました。
処方された治療薬を使用すれば症状が改善され、妻も実際にその様子を見たことでしっかり納得してくれたようです。
お互い加齢や生活環境の変化で身体が変わっていくのだと考える良いきっかけになり、これまで以上にお互いを思いやった生活をしようという約束をしました。
病院に通い始めて半年ほど経ちましたが、まだ治療薬なしでは中折れをしない性行為をすることが難しいです。
すぐに治らないのは残念ですが、新宿のクリニックの医師が継続して丁寧に診察を行ってくれていますし、何よりも夫婦仲が改善できたので、早めにED治療を始めて良かったと思っています。